個人輸入代行業者として最大手と言われるオオサカ堂は、2015年5月に閉鎖したのではないかと騒動が勃発したことがあります。
実際のところは「閉鎖」ではなく「サイト移転」だったというオチだったのですが、利用者への事前通達に不備があったため、混乱を招いてしまったのです。

問題が起きたのは2015年5月のこと。


利用者がサイトにアクセスすると「メンテナンス中」という英語が表示され、丸一日以上経ってもそのままとなっていたため、多くの利用者が不安を覚えました。



その後、移転を知らせるメールが届いたことにより事態は収束に向かいましたが、それまで使われていたアドレスは「情報局」という名称で残存し、取り扱う医薬品などの紹介するページとなり、注文等が可能なサイトは新アドレスの方と言う形で切り替わりました。
その結果、メールを見ていなかったオオサカ堂の利用者は状況を理解できないという余波も発生しましたが、しばらくすると閉鎖の噂はデマであったとして混乱が収まりました。

オオサカ堂の関連情報がご覧になれます。

オオサカ堂のような輸入販売を手掛ける企業は多数ありますが、やはり大手という安心感もあり、多くの人が利用するトップクラスの企業と言えるでしょう。
サイトの移転によって混乱を招いてしまいましたが、その期間中でも問題なく事前に注文していた商品が届いたという報告も多数ありますので、いわゆる詐欺のような行為につながるような問題ではありません。SNS等の速報に踊らされることなく公式発表などを待つことが、問題解決の糸口です。

マイナビニュースの相談ならココです。